新宿パークタワー

エコラム

新宿パークタワーからの眺望と光化学スモッグ 他2009.06.01 UP




新宿パークタワーからの眺望

新宿パークタワーの魅力、それはなんといっても360度見渡せるパノラマビューでしょう。
北側には隣接する新宿中央公園、東側では都庁をはじめとする新宿の超高層ビル群や新宿駅周辺の賑わい、南には代々木公園・神宮の森といった緑豊かなエリアの先にベイエリアの夜景、そして西にはオペラシティの向こうに富士山まで見ることができます。
日本人ならやっぱり富士山が拝めるというのは、うれしいものですよね。

ただ、窓の外を見る時間帯やお天気によっては眺望を得られないときがありますね。「お天気」と一口に言っても、晴れているのに「白いモヤ」がかかっていて、見られないこともあります。これは「光化学スモッグ」かもしれません。

自動車や工場などから排出される窒素酸化物と炭化水素が、太陽の強い紫外線を受けると光化学反応を起こし、オゾンなどの光化学オキシダント(酸化性物質)を発生させます。気象条件によっては、この光化学オキシダントがたまり、白くモヤがかかったような状態になることがあります。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。

光化学スモッグは4~10月にかけての日差しが強くて気温の高い、風の弱い日に発生します。特に、7~8月は、気温も高く紫外線も強く安定した天気が続くため、光化学スモッグが発生しやすいようです。

光化学オキシダントの濃度が高くなると、目や喉の刺激があり、目がチカチカする、のどが痛い、などの症状が出る場合があります。
東京都では光化学スモッグ発生時には注意報等を発令していますので、「白いモヤがかかっていて、なんだか外の景色がおかしい」と思ったときは外出を控えた方がよさそうです。周りを見渡しながら、注意報等を確認しましょう。


東京都の光化学スモッグ注意報等の発令状況
(新宿区は「区西部」をご覧ください)
http://www.ox.kankyo.metro.tokyo.jp/smog.htm



東京地域における高温延べ時間の広がり(環境省「ヒートアイランド現象の実態解析と対策のあり方について」より)

「集中豪雨」って最近多いですよね

昨年の夏は突然の土砂降りによくあいませんでしたか?また、集中豪雨のニュースもよく聞きました。7月に神戸市で河川の増水によって、8月には豊島区の下水道工事現場で、それぞれ人的被害が出ています。

各地で起こった集中豪雨は、局地的で雨量が1時間に50mm超という、まさに「ゲリラ豪雨」でした。こういったニュースを聞くと、「やっぱり地球温暖化のせい?」なんてことも考えてしまいますが、現時点はまだ直接的に関連付けることは難しいようです。

ただ、都心で起こるこういった被害の原因の一つに、「ヒートアイランド現象」が上げられます。ヒートアイランド現象とは、都市部の気温がその周辺の非都市部と比べて異常な高温になることで、その都市部の気温分布が周辺から孤立した島のようになることから、そのように呼ばれています。この現象は、市街化の進行などによる地表面被覆の変化、建物等からの排熱の増大、街並みの変化による弱風化などによって起こるといわれています。

ヒートアイランド現象と集中豪雨の関連性が挙げられる理由としては、暖まった都市の上昇気流が海からの湿った空気を呼び込み、ヒートアイランドの熱が積乱雲の発達を助長するため、短時間に雷雨を生じるからだと考えられます。

しかし、昨今の集中豪雨はヒートアイランド現象だけを原因として扱うことは少ないようです。また国土交通省では、昨年の集中豪雨災害を受けて、地球温暖化に伴う気候変化への適応策について検討を進めています。
今後は、地球温暖化とゲリラ豪雨を始めとする異常気象の関連性も見守っていきたいですね。