新宿パークタワー

エコラム

新宿パークタワーの廃棄物とリサイクル2013.07.24 UP

 


B2階リサイクルセンターの様子

新宿パークタワーでは環境にやさしいビルを目指し、廃棄物の減量とリサイクルの促進を行っています。2012年度のオフィス・店舗から排出された廃棄物のうち、84.6%がリサイクルされました。

【新宿パークタワー(オフィス・店舗)から排出される主な廃棄物の割合】

リサイクル 廃棄物の種類 割合
紙類 約40%
生ごみ 約15%
× 可燃ごみ 約10%
ダンボール 約10%
溶解機密書類 約5%
ビニール・プラスチック 約5%

当ビルでは、廃棄物を18品目に分け、できる限りリサイクルに取り組んでいますが、上の表のとおり、主な廃棄物のうち「可燃ごみ」はリサイクル処理ができず、焼却後に埋め立て処分をしています。では、どうしたら「可燃ごみ」を減らすことができるでしょうか?それは「可燃ごみ」と「ミックス紙」とをきちんと分別することです。

■ 可燃ごみ(リサイクル率0%)
⇒割り箸、使用済みのティッシュペーパー、布、乾燥剤など
■ ミックス紙(リサイクル率100%)
⇒封筒(窓付きもOK)、使用済み紙コップ、お菓子箱、包装紙、ポストイットなど

似ている品目ですが、実はリサイクルが全くできないものと、100%できるものに分かれており、ほとんどの紙ごみは「ミックス紙」としてリサイクルすることができます。ぜひ、皆さまのオフィスでも「可燃ごみ」と「ミックス紙」の分別にご協力をお願いいたします。

※「ミックス紙」用の容器が必要な場合は、ビルからお貸出いたします
※新宿パークタワーのリサイクル取組み状況詳細については、このコンテンツ(EcoField内)の「環境活動データ」をご覧ください。