新宿パークタワー

エコラム

トイレの便座を新しく交換したので、省エネ性を実測調査してみました 他2010.04.01 UP


写真1 新しい洗浄便座


写真2 実測調査の様子

皆さんは新宿パークタワー内のトイレの便座が新しく変わったこと、お気付きになりましたか?(写真1) 昨年8月にSPTエコアクションでこの話題を取り上げましたが、今回更新した便座は、省エネに配慮したタイプなので、実際にどれくらい省エネになったか、実測調査をしてみました。

まず、新しいトイレ便座の機能をご紹介すると、従来から洗浄便座ヒーター・洗浄水加温ヒーターがついたシャワートイレでしたが、これに節電機能が加わりました。トイレの未使用時間に合わせ、便座・温水の温度が段階的に下がるものです。また、便座ヒーターも低温やけど対応として、着座すると便座ヒーターの電源をOFFする機能もあります。

これらの節電機能の効果を確認するため、便座更新前(6月下旬)と更新後(10月上旬)のそれぞれ16日間、男女トイレの調査対象回路に電力量計を設置し、計測しました(写真2)。調査対象のうち、(1)X階S棟は一般的な使われ方のオフィス、(2)Y階S棟は24時間運用しているオフィスです。調査の結果、以下の2点が明らかになりました。


■ 1日あたりの電力消費量
男女トイレともに新しい便座の方が電力消費量が少なくなりました。特にオフィスに人が少ない土休日は、非常に削減率が大きいです。(下表;単位W)


(※) 24時間使用のオフィス階の平日男子トイレにおける削減率が低いのは、宿直男性の使用頻度が多かったためと思われます。

■ 時間当たりの電力消費量
新しい便座の深夜における電力消費量は0Whの時間帯が多く、夜間のエネルギー削減効果は大きいことが分かりました。(下グラフ)

尚、この調査時の外気温度が、更新前(6月下旬):24.0℃、更新後(10月上旬):19.0℃、と5.0℃の差があったため、省エネ性比較をするには気温・水温とも条件があっていませんでした。今後は、更新前調査と同じ条件になる時に改めて調査し、検証する予定です。

今後も新宿パークタワーはこのような設備改修・更新工事を通して、更に環境に配慮したビルになるよう努力しますので、皆さんもぜひ省エネ・環境活動にご協力ください。

バックナンバー⇒





そろそろ「緑のカーテン」を始める季節です!

今冬は降雪の多かった東京もだんだんと春めいてきました。少し気が早いようにも思われますが、そろそろ「夏対策」を始めましょう!今回は、昨年実施したエコアンケートでもご要望が多かった「緑のカーテン」についてご紹介します。

既にご存知の方も多いと思いますが、「緑のカーテン」とは、ツル性植物を利用した自然の日除けのことです。部屋の外のプランターなどで生育するので、普通のカーテンと違って、直射日光を遮るだけでなく部屋の中に熱を溜めません。また植物の蒸散作用によって、水の幕を作ってくれます。その上、カーテンそのもので花を楽しんだり、野菜を収穫できたりします。

ただ、暑くなってから種まきしても、真夏にカーテンが間に合いません。そこで、春から準備をしましょう。ここでは一般的な「緑のカーテン」の作り方を簡単にご紹介します。

(1) プランターに小石を敷いて、土を入れる。(水はけのよい環境を作る)
(2) 種をまく(種類によるが、およそ3~5月)。
種をまく前に、一晩水に浸けて吸水させる(発芽しやすくなる)。
(3) たくさん芽が出たら、約10cm間隔になるように間引きする。
(4) 日差しを遮りたいところに、園芸用のネットを張る。
(5) 芽が出て5cmくらい成長したら、根元から離して肥料を与える。
(6) ツルの真ん中の茎(主枝)がネットの上くらいまで伸びてきたら、主枝の先端を摘み取る。そうすることでツルは縦に伸びにくくなり、横に広がってカーテン状になる。

水やりですが、暑い時間を避けて朝・夕の1日2回あげましょう。また、ツルが伸びてきたら、横に誘引してネットにまきつけてあげます。尚、日差しが強く地面が熱くなりやすい場所にプランターを置く場合は、プランターの周りに断熱材(発泡スチロール等)を敷く等の工夫をして、土が高温になるのを防ぎましょう。
(写真は「緑のカーテン」作りに成功した事例の生育過程)。

新宿パークタワーでも、昨年 ・ 一昨年と東京ガス新宿ショールームの東側ガラス面に緑のカーテンを作りました。キュウリやゴーヤをたくさん収穫できたこともあり、大変楽しいイベントになりました。皆さんも身近にできるエコの一環として、取り組まれてはいかがでしょうか。